月詠み唄


アップしてましたー。毎度お馴染み12/8拍子。三連符タカタタカタタカタダダダッ。6/8拍子とも同じようで微妙に違う、このリズムが好き。
でも。英語だと詞を乗せやすいけれども、日本語だと難しい。変な感じになる。難しいわなー。
そういうわけで、以下は歌詞です。

搖蕩う小舟にたまゆら宿る、
凛とした鈴音に黃泉を見た。
合はせ鏡に、氣も漫ろ。
憂ふ三日月に、涕を焚く。
捧ぐ面で仰ぎし星に、想ひを馳せて、 
今、詠はう。
夜明けがこの空を、燒く前に。
此の目が彼の舟を、見失ふ前に。
在りし日をなぞり、絲を縒る。
言の葉を編んで、詩を纖ろう。
想ひは、ひとつだけ。
餞は、ふたことで。
「ありがたう、さやうなら」
その先は、また會ふ日まで。
安らかに眠れ、愛しき魂よ。
また會へる日まで。
ありがたう、さやうなら……――

暘 弥涼(暴発炸裂マシンガンAk-α2)

荒誕と 移りにけりな 空蟬よ 時代の波に 呑まれ散るらむ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする